深夜のスズメバチ駆除は駆除業者を利用することで安全に行なおう

ハチの恐ろしさを知る~ハチに刺された人の体験談~

スズメバチ駆除を効率よく行なうワザ~夜間でも対応している駆除業者~

スズメバチ駆除は夜でも対応している

夜の駆除を相談してみよう!24時間体制で依頼に対応

夕方の風景

スズメバチ駆除業者はハチの動きが大人しくなる夕方に、駆除作業を行なうことが多いです。業者によっては夜間の作業にも対応しているので、仕事で帰りが遅くなる人でも安心して駆除依頼が行なえます。お問い合わせをする際には、自分の要望をしっかり伝えるようにしましょう。

スズメバチの巣を見かけたら

大手のスズメバチ駆除業者であれば、24時間年中無休で営業を行なっています。フリーダイヤルによる、お問い合わせ窓口も設けられているので、早急に駆除依頼ができるのです。現地調査による見積もりサービスも提供しているので、 スズメバチ駆除にかかる費用 を前もって調べることができます。

夜にスズメバチ駆除がいいのには理由がある

昼間は危険!夜は活動が止まる

ハチには活動期間があり、7月から10月にかけて活発に活動します。しかし、ハチも生き物なので、活動期間中でも休む時間が必要です。その時間帯を狙うことで安全にスズメバチ駆除ができるでしょう。ここではハチの活動時間について確認していきます。

自宅にハチの巣を見つけました。日中は盛んに飛び回っているのですが、大人しくなる時間帯などはあるのでしょうか?
ハチも人間と同じように夜に巣へ戻り休息をとります。温度差に弱い性質があるため、日中よりも気温が低くなると動きが鈍くなる特徴があるのです。朝は6時までの時間であれば、気温も高くなっていないので比較的、大人しくなる傾向にあります。
自分でスズメバチ駆除を行なおうと思っているのですが、ハチが大人しい時間であれば安全に駆除できるでしょうか?
気温が低くなっていることが確認できたのであれば、20時以降に駆除作業を行なうと良いでしょう。ハチの巣が屋外にある場合は、ハチの巣が濡れて動きが鈍くなる雨天時の駆除がおすすめです。夜間は暗闇の作業になるので、細心の注意を払って駆除を行ないましょう。

自力でのスズメバチ駆除は油断禁物

攻撃的で強い毒性を持つスズメバチは、 刺されてしまうと死亡事故に繋がる恐れ があります。アシナガバチはスズメバチと比べて攻撃性も毒性も少ないと言われていますが、刺されてしまうとスズメバチ同様にアナフィラキシーショックを起こす可能性があります。また、刺された時の痛みは、スズメバチ以上だと言われているので注意が必要です。

自力でのスズメバチ駆除で起こったトラブルの一例

腕に激痛が走り、痛みが3日間も続きました。(30代・自営業)

玄関先にスズメバチが巣を作ったので、インターネットの情報を頼りに自分で駆除を行ないました。しかし、防護対策を怠ってしまったため刺されてしまったのです。刺された時は激痛のあまり、持っていた殺虫スプレーを落としてしまいました。応急処置の後、救急へ行きましたが痛みは3日間続きました。

2回目に刺されたときはヒヤッとしました…。(30代・建築関係)

建築現場での作業中にスズメバチに刺されてしまいました。ハチは2回刺されるとアナフィラキシーショックを引き起こすと聞いていたので、強い不安にかられました。自分の場合、命に別状はありませんでしたが、人によっては命に関わるとのことなので注意が必要です。

自分でスズメバチ駆除をするなら揃えておきたい装備の一例

ご自身でハチの巣を駆除する場合は、作業の安全性を確保するためにも装備を揃えるようにしましょう。防護服や虫よけネット帽子、軍手などはハチの攻撃を避けるためにも確実に装備しておく必要があります。殺虫スプレーは効き目が強いジェットタイプの商品がおすすめです。

TOPボタン